News

2014.04.23

手摺のお化粧直し

今日は天気が良かったので、前から気になっていた事務所2階の木製手摺のお化粧直しをしました。

 

140423_事務所_01

ブラシでゴシゴシ洗ってます。

人と同じでまずは、汚れを落とします。事務所の前が県道で車が多いので排気ガスや既存の塗料の劣化による汚れがけっこうついてます。事務所に高圧洗浄機を置いていなかったので、ブラシでゴシゴシ手作業でやりました。

 

半分ずつ洗ってしばらく乾燥させます。乾燥したら塗料を刷毛をつかって丁寧に塗っていきます。

 

 

140423_事務所_04

刷毛でぼちぼち塗っていきます。

 

 

 

 

足場があればいいのですが、贅沢は言っておられず、はしごでちょっとずつ作業です。2階のバルコニーですし、ひさしが出ているので足場は比較てきしっかりしてて、作業はやりやすい状況ですが、事故のないように気をつけないといけません。

 

一応2回は塗装するつもりなのですが、今日は無事1回目を終えて一旦修了としました。下から見上げるとやはり、塗り残しがちらほらあるようですが、まあ自分のところなので、次回にきっちり塗っておくことでよしとしましょう。

 

ちなみに今回使用した塗料は水性のキシラデコールという塗料です。この製品の油性のものは昔から外部の木部を塗装する際によく使われてきていました。浸透性の塗料のため、木目が見えるものでペンキと呼ばれるものとは少し違いますが、めくれ、剥がれもないので、いいと思います。

 

140423_事務所_03

水性キシラデコール

 

最近は、環境面への配慮などから新築、新設の場合は、水性が使われることも多くなっています。ただ、リフォームの場合は、既存の塗料がある場合、水性では塗れないことが多いので注意が必要です。

 

今回は、既設の塗料がほぼ剥がれかけていたのと、ブラシでゴシゴシやったおかげで下地がきれいにでてきてましたのでこれで無問題。

 

また天気をみながら2回めを塗りたいと思います。・・・建物の反対側にももう一箇所あるのですが、そこはいつになるやら・・・。

 

塗装はアメリカの映画のワンシーンでも出てくるぐらい普通の方が普通にできそうなものなんですが、いざやってみるとなかなか大変な作業です。ただ、お庭のウッドデッキや木製の手摺なんかは、塗装などのメンテンナンス次第でどのくらい使えるか、長持ちする期間も違ってきますし、見た目が綺麗になれが気分一新、快適生活になります。

140423_事務所_05

とりあえず一回目完了!

 

はしごを使う必要がないような低い場所なら、一度挑戦されてみるのもいいかと思います。

 

そうそう、鳥の鳴き声が聞こえるのでふと見上げたら、換気フードの上につばめが巣作りしてました。土やら糞やら落としてくれるし、カベや床が汚れるので大変なのですが、まあうちを選んでくれたのも何かのご縁ということで、このままにしておくことにしました。

 

無事こどもたちが巣立ってくれるといのですが。

 

バルコニーやウッドデッキ、屋根・外壁などの塗装に関するお問い合わせも遠慮なくお問い合わせください。

中川住研三田営業所 TEL.079-568-0375 まで。

篠山市、三田市周辺のお客様の場合、比較的に早めにお伺いすることが可能です。