News

2015.03.3

耐震診断と改修工事について少し

弊社で耐震といいますと、篠山市三田市などにおいて、主に木造の在来工法建物の耐震診断耐震改修工事をさせていただいております。

 

もちろん、2×4工法や鉄骨構造なども可能ですが、取扱い件数は土地柄少ない状況です。残念ながらメーカー独自のプレファブ工法などは対象外になります。

 

さて、耐震診断は、兵庫県の場合、大きくわけて兵庫県と神戸市で行われている補助事業がありますので、最初はそちらを利用していただいてお住まいの現状をお知りになるというのがいいかと思います。

 

 

 

県のわが家の耐震改修促進事業などでは、基本旧耐震基準の昭和56年以前のものが対象となりますが、簡易耐震診断などは、自己負担が少額ですむか無料の場合もあります。

 

その後、倒壊の危険性があるなどと判断された場合、耐震補強を行うには、より高度な調査と診断を経て、補強設計をすることになります。

 

この場合は、できるだけ信頼のおける建築士事務所登録をされた建築士事務所のなかで、対象となる建物の構造に関して、きちんと講習等を受講された建築士が担当してくださることを確認するのがいいでしょう。

 

目安としては、前述の自治体の補助事業を担っている建築士事務所の登録された診断員がいる事務所、(一社)兵庫県建築士事務所協会などの会員事務所などは、一定の基準をクリアーしている目安となると思います。

 

名簿は市町などの自治体にも備え付けてありますし、団体のホームページなどでは、会員事務所を確認することも可能でしょう。

 

 

ちなみに、診断、補強設計ともに「無料」を広告の柱にしている会社や団体がありますが、このような診断や補強設計が無料でできるようなものでないのは確かなことです。

 

「無料」ではなく、後の耐震補強工事費に含んでいるというのが正しい表示でしょうね。見積書などの項目として明らかな表示がなくとも、経費や利益の一部でまかなっているはずです。

 

きっちり仕事をする建築士が、「無料」で適正な業務を行うはずはないといえるでしょう。

 

 

例えば、補強設計では、お住まいの状況に応じて様々な補強箇所、補強工法、補強素材などの選択肢が無限にありますが、簡単に済ませようとすれば耐震補強ソフトボタンをワンクリックで、ベターな補強計画案が示されますので、そのまま進めれば設計も何も簡単に出来てしまいます。

 

というより、これでは機械まかせで、何も考えていないに等しいのですが。

 

これでも、耐震性能、補強計画としては、問題はない場合いが多いと思いますが、実際には工事費、工事期間、お施主様のお考えやライフスタイル、その他長期的な視点など、大切な部分が何も考慮はされていないものとなります。

 

できれば、これらの視点でもやはり検討された案のほうがいいのではないかと思ってしまうのですが、いかがでしょうか。

 

最終的に同じ補強計画、評点になったとしても、過程が違えば、たぶん出来上がりは違ったものになると思います。

 

さて、このように実際の補強設計、補強工事の際には、お住まいの状況などに応じて、様々な補強工法、補強部材を適材適所に使用しながら全体として適切な計画、施工を行うことが必要だと認識しています。

 

弊社では、基本新築などでも一般的でベーシックな筋交や、合板による補強をベースにしつつ、最新の様々な工法、素材を必要に応じて適材適所で選択していくようにしております。

 

特定のメーカーの代理店やフランチャイズ組織に加盟しているわけでもございませんので、耐震工法や耐震素材の選択、採用はあくまでお客様のお住まいにとって、そして何よりお客さまにとって最善の結果を目指して進めてまいります。

 

けっして、メーカの進めるものを無条件に採用したり、無理におすすめするようなことや、一般的でベーシックな補強方法を採用しないというようなことはございません。

 

ネットを検索していただくと様々なメーカーなどから様々な補強工法、素材などが開発、販売されていることがご確認いただけると思います。

 

弊社では、これらの中から比較的安価で、お客様のご希望に沿うことができそうなものを選択しつつ、このホームページ上でもご紹介させていただくようにいたしますので、ご参考にしてください。

 

なお、実際の補強工事の際に、特のこの工法、素材を採用したいとったご希望がありましたら遠慮なくお問い合わせください。

 

すぐに内容を確認の上、できるだけお客様のご希望に沿う形でご提供させていただくようにいたしますが、あくまで、耐震補強は全体のバランスが大切なので、いくらいい工法、最新素材でも採用しないほうがいい場合もございます。

 

そのような場合も、十分ご納得いただけるようご説明させていただきます。

 

 

以上、今回は文字ばかりで少し退屈なお話になったかもわかりませんが、お客様、そしてご家族の安全・安心を守るための耐震診断・耐震改修工事ですから、ご検討、そして実施される際には、慌てず十分ご検討ください。

 

なお、忘れがちな家具などの固定も安全・安心のためには、効果が高いものです。

 

比較的高額な耐震改修をご検討の間も、いつ地震が来るか分かりませんので、このような対策もぜひご検討いただければと思います。

 

 

耐震診断、耐震改修、補強工事、助成制度等関しても、お気軽にお問い合わせください。

中川住研三田営業所 TEL.079-568-0375 または、お問い合わせフォームから。

篠山市、三田市周辺のお客様の場合、比較的に早めにお伺いすることが可能です。

 

  • 現在兵庫県内(神戸市除く)の耐震診断、補強工事に関する補助事業の見直しがおこなれております。引き続き27年度も補助は行われると思いますが、条件などの詳細は変更される可能性がございます。ただ、補助金には枠(予算の上限)がございますので、早めにご検討をはじめて準備されていると、後がスムーズになる場合もございます。
  • 耐震診断、補強計画の策定などは、弊社併設の一級建築士事務所にて行います。もちろん、自治体登録の耐震診断員であり、日本建築防災協会の登録講習を受講した専門の建築士が診断、計画策定にあたらせていただきます。
  • そうそう、昭和56年以前のものがあぶないと補助対象とされていますが、実はそれ以降のものが安全だということではありませんので、気になる場合はやはり一度診断されることをお勧めいたします。