News

2017.03.23

住まいの耐震化のために

地震からご家族の生命・財産を守るためには、住まいの耐震化が不可欠です。

 

 

篠山市さんのパンフレット

兵庫県と各市町では、耐震性能が低いお住い(昭和56年以前に建てられたもの)にたいして、耐震性能を向上させるための設計や工事に対する補助事業を実施されています。

 

でも、そもそもお住いの耐震性能が高いのか?低いのか? いったいどのくらいの性能なのかをご存じの方は少ないのではないでしょうか?

 

最近の新築住宅の場合はその性能を説明してくださる設計者、工務店も多いかと思いますが、少し古いお住いだと???になってしまいます。

 

そこで、兵庫県と各市町では「簡易耐震診断推進事業」という制度を整備され、現在のお住いの耐震性能について安価に、そして簡単に性能を調べていただくことが可能な制度を準備、運用されているのです。

 

 

 

H28年度の補助事業です。

対象となる住宅は、昭和56年5月31日以前に着工されたものになります。ただし、2×4やログハウス、メーカーの認定タイプのお住いなどは除かれます。

 

費用は原則申込者が1割を負担することになりますが、これは各市町で別途補助制度があるところもあり、無料となる場合も多いようです。

 

お問い合わせ、お申込みは、お住いの各市町の窓口にお問い合わせいただければと思いますが、年度によっては多少制度の内容などが変わる場合もありますので、お申込時に十分ご確認ください。

 

なお、実際に簡易耐震診断を行ってくださるのは、兵庫県に登録されている簡易耐震診断員(建築士事務所に所属する建築士で対象となる構造に関して知識を持たれた方など)になります。

 

 

お申込時に、どなたに依頼されるの書き込む欄がありますので、お知り合いの方が簡易耐震診断員の場合などは、その方の事務所名や氏名をご記入いただければ結構かと思いますが、ほとんどの方は、わからないことが多いかと思います。

 

その際は、窓口でご相談いただければ診断員名簿の閲覧や適切な診断員をご紹介いただけるかと思います。

 

なお、弊社関連の建築士事務所でもこの簡易耐震診断業務をさせていただいております。お気軽にご相談いただけましたら幸いです。

 

そして、この簡易耐震診断は、お住いを実際に実測したり、筋違や基礎の状態などを確認することで行いますが、おおよそ1~2時間程度あればできるのではないでしょうか。

 

ただ、図面も何もなく、地域特有の伝統的で大きなお住いの場合は、実測、調査に時間がかかる場合もあるかと思います。

 

 

それにしても、ほぼ無料でできる簡易耐震診断は、昭和56年以前に建てられたお住いの場合は、ぜひ受けられることをお勧め致します。

 

なお、計画策定や工事費補助を受ける場合には、より詳細な調査、診断、そして補助申請手続きなどに時間を要します。

 

まずは簡易耐震診断を受けていただき、時間的な余裕をもって耐震性能向上についてご検討いただければと思います。・・・ちょうど今頃から準備をはじめても工事完了は年末または年明けになるかと思います。

 

万が一、耐震性能が低いという診断報告が出てきた場合は、補助事業の活用も含め、専門家に十分ご相談の上、可能な範囲で無理なく、お住いの耐震化を進めていただければと思います。

 

 

 

*補助金の利用については、諸条件がございますので、県、市町の窓口に必ずご確認ください。

*あとで補助金がでるからといって、補助申請書類も契約書も作らないで工事を行うような業者にご注意ください! 必ず補助申請後交付決定がおりてからの着工が条件になります。

 

*工事費補助に関しては、平成29年度から各市町へ業務が移されるようです。その際、提出書類なども多少変更になることなども含め、いろいろと変わるところがあるようですので、お早めにお問い合わせ、御準備ください。

 

 

 

兵庫県、篠山市、三田市の耐震診断、耐震改修、補強工事、助成制度等関しても、お気軽にお問い合わせください。

 

簡易耐震診断、耐震改修の計画策定等は弊社併設の一級建築士事務所で対応させていただけます。

 

中川住研三田営業所へは、 お問い合わせフォーム から。
篠山市、三田市周辺のお客様の場合、比較的に早めにお伺いすることが可能です。