News

2017.04.1

空き家所有者の外部提供に関するガイドライン

「空き家所有者の外部提供に関するガイドライン(試案)」の策定・公表について

 

~市町村と民間事業者の連携による空き家の利活用促進~

 

平成29年3月29日 国土交通省は、市町村が空き家所有者情報を民間事業者等の外部に提供するに当たっての法制的な整理、所有者の同意を得て外部に提供していく際の運用の方法及びその留意点等を 内容とする、「空き家所有者情報の外部提供に関するガイドライン(試案)」を策定し、 公表されました。

 

 

これは空き家対策には、市町村と宅地建物取引業者さんなど民間事業者等の連携による空き家の流通、利活用の促進が重要であり、期待されているところからです。

 

空き家の中には相続登記等がなされていないものも多くあり、所有者情報の把握に課題があったことから、「空家等対策の推進に関する特別措置法」(平成26年法律第127号)により、市町村の税務部局が保有する課税情報を空き家対策のために市町村内部で利用することが可能となるようです。

 

 

しかし、課税情報を含む空き家所有者情報は、そのままでは、民間事業者等の外部に提供できず、また、個人情報保護条例等に抵触するのではないか等の懸念から、空き家所有者情報の民間事業者等への提供は進んでいませんでした。

 

このため、市町村の空き家部局が収集・保有する空き家所有者情報を外部に提供するに当たっての法制的な整理、所有者の同意を得て外部に提供していく際の運用の方法及びその留意点、市町村における先進的な取組を内容とする、「空き家所有者情報の外部提供に関するガイドライン(試案)」がとりまとめられました。

 

このガイドライン(試案)を活用していただくことで、市町村と民間事業者等の連携による空き家の流通、利活用の促進が期待されているようです。

 

なお、このガイドライン(試案)については、今後の各市町村の取組等を踏まえ、更なる内容の充実を図られる予定です。

 

【公表URL】

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000035.html

 

 

なんだか小難しいですが、このように国が一定の方向性、ガイドラインなどを示しつつ、個人情報の取扱いに配慮して、空き家が有効活用されるようになればと思います。

 

 

 

空き家・留守宅の管理、除草作業等お住まいに関することは遠慮なくお問い合わせください。

篠山市、三田市、西脇市、加東市、丹波市、神戸市北区周辺のお客様の場合、比較的に早めにお伺いすることが可能です。