News

2015.10.31

秋の剪定作業

151029007

剪定作業後の様子  すっきり!

もう10月も終わります。

 

 

寒さも厳しくなりつつありますが、弊社がお世話になっております三田市、篠山市周辺は、これから一気に紅葉のシーズンに入り、一年のうちでもとても美しい景観が広がる季節になります。

 

 

さて、三田市には大きなニュータウンが広がっていますが、どちらのお宅もお庭を綺麗に整備されているのが道路からでも一目瞭然です。

 

 

都市の景観を作る上で、個人のお住まい、お庭の果たす役割が大きいことがよくわかります。

 

 

中でも、生活道路において車道をあまり広くせず蛇行させたりしながら自動車の速度が上がらないようにしたり、遊歩道を設置して歩行者との共存をはかるように計画されたボンエルフをあちらこちらで見ることができるのですが、そのような場所にお住まいのお宅では、ことさら道路に面したお庭の整備もよく行なわれているようでした。

 

 

今回は、その一角にお住まいのお施主様より植栽の剪定作業のご依頼をいただき、先日作業をさせていただきましたので、ごく簡単ですがご報告させていただきます。

 

 

 

 

剪定作業前の様子

剪定作業前の様子

 

こちらのお宅は、街区の角地に位置するとともに、その敷地に接する形で大きな植栽がある遊歩道に取り囲まれた、とても素晴らしい立地に位置しています。

 

 

比較的大きなお庭に、何本かの中木と低木が植えられていますが、なんなら、お庭を取り囲む遊歩道の植栽だけでも十分ではないかと思われるほど、多くの樹木に取り囲まれたちょっとした森の中のような雰囲気を醸し出しているのです。

 

 

今回は、お庭に植えられた中木を中心に、少し手入れの期間が開いてしまったということで、伸びた枝葉の剪定を行い、あまり大きくなりすぎることなく、少しだけ形をととのえるように刈り込みさせていただくこととなりました。

 

 

 

151029004

剪定前の様子 枝葉が少し伸びています。

 

低木のオリーブの木などは、脚立もいらないぐらいの高さなので、比較的容易に作業が行えますが、中木のほうは、約5~6m程度にまで成長していますので、作業もなかなか大変です。

 

 

お庭の植栽は大きく育てたいと思う時もありますが、郊外の広大な敷地ではなく、限られた敷地内で、剪定作業が必要な場合等は、できるだけ背丈を押えておいたほうがいいかと思います。

 

 

 

151029005

剪定前の様子 ちょっと伸び放題?

 

本当は、お施主様ご自身が気軽に剪定作業できる程度が理想かなとも思ったりしますが、それだと少し物足りないこともあるでしょうから、ちょっとした脚立程度で作業できる程度の高さだと剪定管理がとても楽にできるのではないでしょうか。

 

 

実際にご自身で作業される場合は作業が楽なことはもちろんのこと、作業の安全性が大きく高まると思います。

 

 

また、専門の業者さんにお願いする場合でも、安全性が高いのは事故防止のためにもいいことですし、なにより剪定作業に必要な費用を低くおさえることにつながります。

 

 

費用が低く押えられれば、毎年、または年に数回の剪定を実施できることにつながり、数年に一度無理して強く剪定、刈り込みを行うより、植栽にも負担をかけず、よりよいお庭の維持管理ができると思います。

 

 

 

151029006

作業後の様子 ちょっとこじんまり。

ちょっと、写真写りがよくないので、申し訳ございませんが、剪定後のお庭の様子です。

 

 

中木は伸びた枝葉を剪定し、形を少し整える形で刈り込みさせていただきました。

 

 

低木の方は、伸び放題になっていたもののあり、少し強めに刈り込みさせていただきましたが、これからお施主さまがうまく形を整えつつ管理していただけることと思います。

 

 

 

選定作業後の様子

剪定作業後の様子

 

こちらの植栽で、2~3m程度の高さだったと思いますが、少し先端を押えて、あまり大きくなり過ぎないようにさせていただきました。

 

 

最近のお庭だと、見た目も綺麗で、簡単にホームセンター等で入手可能なコニファー類の植栽が多く行われているようですが、植えっぱなしで放置しておくと、あっという間に大きくなってしまいます。

 

 

また、大きくなってしまうと作業もご自身でできなくなってしまいますし、樹木の内側は葉っぱがなくなって枝だけの状態になっていますので、刈り込みも難しくなってしまいます。

 

 

 

できれば、このような植栽は、伸びた枝葉を摘む程度でもいいので、ご自身である程度小さめに管理されるのがいいのではないかと思います。

 

 

 

剪定した枝葉の撤去

剪定した枝葉の撤去

今回は、天候にも恵まれ、作業も順調に進みました。

 

剪定後の枝葉は2tダンプにいっぱになる感じの量になりましたので、これを一般家庭のかたがご自身で処分されるのはとても大変だと思います。

 

大きな美しいお庭は理想なのですが、草花だけの場合は別として、少し大きくなるような樹木を植えられる際には、将来どの程度の高さまで育てるのか、またどのように植栽の管理(剪定作業など)をしていくのかなども考えておく必要があるようです。

 

 

ただ、やはり大きな木のあるお庭は、とてもいいものですし、気分もよくなります。

 

 

お庭の維持管理は、全てプロに任せないといけないというわけでもないですし、ご自身ですべて頑張る必要もないかと思います。

 

 

適材適所、ご予算などを考慮していただきながら、うまくプロも活用いただいたらいいんではないでしょうか。

 

 

今回は、植栽剪定作業のご依頼、本当にありがとうございました。

今後も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

お庭の除草から選定作業まで、住まい・お庭に関することは遠慮なくお問い合わせください。

中川住研三田営業所 TEL.079-568-0375 まで。

篠山市、三田市、西脇市、加東市、丹波市、神戸市北区周辺のお客様の場合、比較的に早めにお伺いすることが可能です。