News

2019.01.2

新年だからこそ

年が明けて早くも2日目。久しぶりの家族団らんも一息ついて、今日はお買い物なんかに出かけられる方も多いのではないかと思います。

あったかいこたつなんかで、ゆっくり、まったり過ごすのもいいものですが、 せっかく家族がそろったお正月。

こんな時だからこそ、家族の安全・安心について、少し考え、話し合っておくのもいいのではないでしょうか?

そう、あの日をもう一度思い出しておきましょう。

1.17の出来事を。


もうすでに遠いむかしの出来事になりかけてはいますが、あの日の出来事を体験、見聞きした人は、あの日の衝撃をけっして忘れてはいないと思います。

でも、ついつい思い出したくない、もう起きないと避けて通ったり、忘れようとするのが人なのかもわかりません。

ただ、その後も毎年各地で起きる地震、水害、台風や火山の噴火など、自然は私たちとって厳しく接してくることを忘れてはいられません。

大切な家族や友人、そして貴重な財産を守るため、ほんの少し考え、備えるだけでも、その効果は図りきれません。

とにかく、大切な命を守るための備えだけは、考え、取り組んでおいて何も損はないと思います。

備え? でもなんだか難しいそうだし、大変そうだなあ?

そうですね、わが家の耐震改修なんて言い出すと、なんだか小難しいし、誰に相談していいかわからないし、そもそもお金がかかってとてもじゃないけど、最初から考えるだけ無駄?なんて思っていませんか?

うちの家大丈夫かな? 家族を守るためになにかできるだろうか? と考えたときこそ、行動に移すべきときです。

自然災害は、いつ来るか誰にもわかりません。1分後? 1時間後? 明日、もしかしたら一度もこないかもわかりません。

それでも、近年各地で頻発している災害状況を見るといつきても、誰に来てもおかしくないのが災害です。

まず、気になったら相談してみましょう!

たぶん、お住まいの自治体なんかには、建築の無料相談会などの制度が準備されていたり、防災に関するイベントや相談会が開催されたり、身近なところで結構気軽に利用できる相談の場があるものです。

例えば、神戸市の皆様なら「すまいるネット」さんで相談できるようですし、三田市の皆様なら、毎月市役所で無料の建築相談会なんかが開催されています。

神戸市や兵庫県では、耐震改修や家具の固定なんかにも補助金が出る制度があったりします(詳細は各自治体にお問い合わせを)。

うまく使うと、とってもお得に、安全・安心なお住いが実現できます。

いきなり、耐震改修などと身構えずに、家具の置き場所を変えてみたり、固定して転倒しないようにするとか、災害時の連絡方法、集合場所を相談して、家族で決めておく、食料品や生活に必要な備品を考えてみることから取り組んでみるのもいいのではないでしょうか?

新年最初のお買い物は、防災グッズというのもいいかも。

考えたり行動しても無駄なんて言わずに、できることを少しだけでもやってみれば、一歩前に踏み出しておけば、いざというときにきっと「よかった!」と思えるはず。

お正月のゆっくりしたときこそ、こんなことも少し考えることができればと思います。

中川住研三田営業所 TEL.079-568-0375 または、お問い合わせフォームから。
篠山市、三田市周辺のお客様の場合、比較的に早めにお伺いすることが可能です。